建設コンサルタント業

鋼構造及びコンクリート部門

老朽化した構造物の適正な点検・診断を行い、長寿命化や経済性に加えて環境にも配慮した補修設計を行っています。

弊社の特徴

弊社では橋梁やボックスカルバートなどの詳細設計を実施する構造設計のエキスパートが点検や補修設計を実施するため、構造形式や使用・環境条件を考慮した適切な劣化診断を行い、長寿命化の観点から最適な補修計画を立案することが出来ます。

橋梁補修設計

補修橋梁形式:3径間単純鋼鈑桁橋
竣工から43年経過した橋梁に対し、損傷調査を行い損傷程度を評価分析し、補修設計を実施したものである。主な補修設計内容は、床版補強工(鋼板接着工)、橋面防水工、コンクリート補修工、支承防錆工、塗装塗替工、主桁当板工、伸縮装置補修工(非排水化)である。

  • 損傷調査図(床版)

    損傷調査図(床版)

  • 補修設計図(床版補強)

    補修設計図(床版補強)

橋梁点検
  • 点検作業

    点検作業

  • 点検シート作成

    点検シート作成